静岡の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、静岡の行政書士遠山法務事務所へ。迅速、安心手続き。

静岡県内(浜松市、湖西市)の車庫証明取得・名義変更手続きなら行政書士 遠山法務事務所

ご自身の顧客を顔が見えない知らない事務所に依頼するのは、不安ではないですか?

当事務所は、県外のディーラー様専用の車手続き代行事務所です。

安心!担当者の顔が見える!ディーラー様との密な電話連絡!県外のディーラー様からのご依頼実績多数。

迅速なフットワーク!県外のディーラー様からのご依頼のみに特化しておりますので、県外のディーラー様からのご依頼を最優先で処理いたします。

明朗会計!急なご依頼、喜んでお引受致します。出張も可!※地域によって出張費が必要になる場合があります。

台数 車庫証明 名義変更
費用合計 1台あたりの費用 費用合計 1台あたりの費用
1台 8,000円 8,000円 10,000円 10,000円
2台 15,000円 7,500円 19,000円 9,500円
5台 35,000円 7,000円 45,000円 9,000円
8台 52,000円 6,500円 64,000円 8,000円
10台 60,000円 6,000円 70,0000円 7,000円

※上記台数・手続き以外の場合はお気軽にお問い合わせください。表示の費用は(税抜き)となっております。

浜松市内は交通費は無料で行います。証紙代、ナンバープレート代は別途必要となります。

お問い合わせはこちら

ディーラー様専門自動車手続き(名義変更・車庫証明)ネットワーク

顔が見えるから安心!他の地域もお任せ下さい!専門家が対応します!

北海道・東北

  • 福島県

    行政書士青山法務事務所

  • 北海道

    行政書士 近藤久 事務所

北陸・信越

関東

東海

  • 岐阜県

    行政書士 西尾法務事務所

  • 愛知県

    行政書士玉田事務所

  • 静岡

    行政書士遠山法務事務所

関西・近畿

中国

  • 広島県

    行政書士事務所Licht(リヒト)

四国

九州

  • 熊本県

    行政書士法人WITHNESS(ウィズネス)

  • 鹿児島県

    竹之下真哉司法書士・行政書士事務所

  • 長崎県

    行政書士井手法務事務所

  • 佐賀県

    行政書士尾形善明事務所

業務紹介

会社を作りたいと思ったら・・・

会社設立は、行政書士の代表的な業務の一つです。代理人として定款作成し、 会社設立だけでなく、設立後も、会計記帳や許認可申請、ISO認証(9001・14000)取得・・・ といった様々な分野で、サポートいたします。 また一口に法人といっても会社などの営利法人のほか、NPO法人などの非営利法人など、法人も様々です。

  • 会社設立
    株式会社・合同会社・合名会社・合資会社の設立
  • 公益社団法人・一般社団法人・一般財団法人・宗教法人・医療法人・学校法人・社会福祉法人
  • 各種事業協同組合・農業協同組合その他
    特定非営利活動法人(NPO法人)
    定款作成、議事録作成
  • 自治会、町内会等の法人化

(続きを読む…)

中古自動車の登録手続

中古自動車の登録手続

個人の場合でもインターネットを通じてや、知人などから中古自動車を譲り受ける場合があり、自動車によってはナンバープレートが登録されていない場合があります。ナンバープレートが登録されていない中古の自動車を購入した場合や、第三者から譲り受けた場合には、中古自動車の新規登録手続きが必要となります。今回は、ナンバープレートが登録されていない中古車を入手した場合の新規自動車登録手続きについて紹介します。

ナンバープレートの登録されていない中古車の新規登録手続きの大まかな手順として、まずは車庫証明を取得して、自賠責保険への加入が挙げられます。

次に中古車の新規登録に必要となる書類と費用を揃え、必要事項に記入・捺印します。
次に仮ナンバーにて検査にラインを通し、検査に合格したら新規登録を行いナンバーを取得します。この時予備検査証をお持ちの方は検査が不要となります。最後に自動車税や取得税などの税金を支払えば、中古自動車の登録手続きは完了します。 (続きを読む…)

車庫証明の基礎

車庫証明が必要な場合って

車庫証明は、自動車の保管場所の確保などに関する法律によって、自動車の所有者(使用者)への取得が義務付けられています。

では、具体的にどのような場合に車庫証明の取得手続きを行う必要が生じてくるのでしょうか?

車庫証明の取得手続きが必要となる場合として、

  1. 新規に普通自動車を購入した場合(新規登録時)
  2. 結婚や引越しなどで普通自動車の所有者の氏名や住所が変更した場合(変更登録時)
  3. 自動車の売買や譲渡によって普通自動車の所有者が変わった場合(移転変更)

などが挙げられます。

普通自動車の場合は、ナンバープレートの購入(ナンバー登録)を行う前に、車庫証明の取得が必要となります。

警察署へは最低2度足を運ばなくてはならいのでそのことを計算に入れたスケジュールを計画する必要があります。

車庫証明取得手続きを行わないとどうなるの (続きを読む…)

廃車手続き

廃車手続(一時抹消)の基礎知識

自動車が故障により使用不能になったり、仕事の都合上、長期海外出張などの理由で車に乗らなくなる場合等に、一時的に廃車状態にすることを一時抹消と言います。

普通・小型自動車の一時抹消の手順は、はじめにナンバープレートを取り外します。
続いて、普通・小型自動車の一時抹消に必要な書類を集めて記入していきます。

普通・小型自動車の一時抹消の手続きに必要な書類は、もう1種類の廃車手続き方法である永久抹消と同じ書類(車検証・ナンバープレート・印鑑証明書・一時抹消登録申請書)を揃えることになります。

一時抹消の手続きに必要な書類の記入が済んだら、管轄の陸運局へ書類とナンバープレートを提出しに行き、書類を提出してください。

書類提出後、しばらくしたら陸運局の窓口より一時抹消証明書がいただけます。
※一時抹消証明書は自動車の再登録の際に必要になりますので、失くさないようにしてください。

廃車手続(永久抹消)の基礎知識

廃車手続の永久抹消とは、その名の通り、自動車を解体して2度と使えなくする手続を言います。
(続きを読む…)

自動車保険の基礎知識

自動車保険の基礎知識(自賠責保険)

自動車に乗る場合、必ず加入しておきたいのが自動車保険ですね。自動車保険とは、万一の自動車事故が発生した場合の、被害者の金銭的な救済やケガをした場合における治療費の確保、また、加害者側の金銭的負担の軽減を目的とした保険制度です。

自動車保険には、自動車事故に巻き込まれてしまった被害者が最低限の補償を受けられるように、法的に国から保険加入が義務付けられている「自賠責保険」と、自賠責保険だけではカバーされない補償について希望者が自由に保険加入できる「任意保険」の二種類に分類されています。

自賠責保険とは?

自賠責保険とは、自動車事故の被害者に対しての、必要最低限の補償を確保する目的で設定されています。

自賠責保険の保険期間中であれば、事故の回数によって保険金額が減少することはありませんし、1回の事故で複数の自動車および被害者が巻き込まれた場合は、それぞれの被害者に対して保険金が支払われることとなります。

自賠責保険の対象者(被保険者)は、自動車の所有者と運転者となっていますが、自動車の所有者と運転者の間で発生した自動車事故については補償の対象外となります。

万が一自賠責保険に加入していない場合や、有効期限が過ぎている場合は数十万円にのぼる罰金を支払う恐れがありますので注意が必要です。

自賠責保険手続きについて

自賠責保険への加入手続きは、通常車検の年数に合わせて加入手続きを行い特に個人で加入手続きを行う必要はありません。 (続きを読む…)

お問い合わせはこちら

行政書士 遠山法務事務所
行政書士 遠山 智弘
所在地 〒430-0938 静岡県浜松市中区紺屋町217-27 大城ビル2F
TEL:053-522-9601 FAX:0053-522-9602
MAIL:info@shakoshomei-shizuoka.com
営業時間 E-MAIL相談は24時間 TELは9:00~20時まで
土日祝日相談可

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab