静岡の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、静岡の行政書士遠山法務事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » お知らせ

お知らせ


山梨県陸運支局と出張封印の提携を致しました

2018/06/15

お世話になっております。

この度、行政書士遠山法務事務所では、山梨県陸運支局と出張封印の提携を致しました。

山梨の封印を取り扱うことが可能となりました。

お気軽にお問い合わせください。

クレジットカード決済始めました。

2018/06/15

お世話になっております。

この度、行政書士遠山法務事務所では、クレジットカード決済を導入いたしました。

少しでもお客様の為になれるよう、小回りの利く、行政書士事務所を目指しております。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

他士業の先生ご紹介2 自動車 関連

2018/06/15

お世話になります。

行政書士遠山法務事務所の遠山です。

トラブルが発生した場合、実際に何処の何方に相談したら良いのか、トラブルの火中に出くわした場合、それどころではないというところが、心情だと思います。

実際に何らかのトラブルに巻き込まれてしまった場合は、一番は弁護士の先生にご依頼することが、最良のご選択だと思います。

しかし、弁護士の先生もそれぞれに得意分野があり、全般を受け入れております、弁護士の先生もいらっしゃいますが、先ずは、ご依頼者様が、お悩みになるところは、何処の法律事務所が最良の選択なのか、であると考えられます。

私たち、行政書士はトラブル解決の業務が行えないので、直接的なお手伝いは、できませんが、多数のネットワークを持つ、行政書士にご相談頂けましたら、ご依頼者様に合った、法律事務所また弁護士の先生をご紹介することも可能です。

当事務所では、多数の法律事務所とのネットワークがあり、最良の弁護士の先生をご紹介することもお手伝いをさせて頂きます。

ご相談は何回でも何時間でも無料とさせていただいておりますので、先ずは、お気軽にご相談ください。

行政書士遠山法務事務所

特定行政書士 遠山智弘

個人事業者 補助金 自動車

2018/06/15

お世話になっております。

行政書士遠山法務事務所の遠山です。

補助金の種類は業種によって様々あります。

おそらく、何百、何千種類もの補助金というものが存在致します。

身近なところでは、各市町の商工会の小規模事業者持続化補助金というものがございます。

内容としては、各企業の広告、ホームページの作成、新たな機器の購入、チラシ、看板作成など、自分の会社をもっと多くの方に知って頂いて、ビジネスチャンスに繋げる補助金となります。

メリットしては最大50万円を限度に2/3まで補助金が受けられる制度となります。

例えば30万円かけて、ホームページのを作成したい、補助金額は2/3なので、20万円補助金が受けられます。

デメリットとしては、補助金申請の書類作成が多く、事業計画書の作成など、多数の書類を作成しなければいけないことです。

次に申請をしたからといって、必ず受けられるものではなく、申請した書類をもとに、審査が行われ、毎年の予算の範囲以内で、補助金を受けられる、企業の数が決まっていることです。

最後に、いきなり補助金が受けられるのではなく、先ずは、各企業様が全費用を捻出し、その後、補助金が受けられる制度なので、資金繰りの計画も大切なことであります。

デメリットも多いですけど、最大50万円まで補助金を受けられれば、企業様にとっては大きなメリットとなると思われます。

この補助金は支給型で返済の必要はございません、一度、ご検討されたは、いかがでしょうか。

外国人を雇っている経営者様

2018/06/15

お世話になります。

行政書士遠山法務事務所の遠山です。

在留資格の更新は概ね3か月前からできると法務省のホームページに記載されております。

一日でも早く更新をすることをお勧めしますが、社長様など、日々の業務にお忙しいところ、お一人お一人の更新期限を覚えていることは、大変なご苦労だと思われます。

在留期間も1年、3年、5年とあり、又、在留資格によって作成する書類、各役所や従業員の本国からの書類「エアメール」ではこの時間も逆算して、更新の手続きを行っていかなければならない。

外国から日本で就労している方たちは、命の次に「在留カード」

が大切といっても過言ではありません。

一日でも期間が過ぎてしまえば、オーバーステイになってしまい、不法就労者となってしまい、雇用主に更新期限についての過失があった場合、刑事罰を受ける可能性もございます。

ギリギリでも更新手続きを行えば手続き中は最長2か月間の特例期間があたえられます。

在留カードの裏面に更新手続き中のスタンプが押されますので、安心して就労して頂くことができます。

行政書士遠山法務事務所では年間、多国籍の方々の在留資格関係の業務を行っております。

社長様、お問い合わせいただけましたら、日々の業務のご負担が少しでも減少するお手伝いをさせて頂きます。

ご相談は何回でも何時間でも無料とさせて頂いております。

宜しくお願い致します。

出張封印 大好評頂いております

2018/05/22

お世話になっております。

行政書士遠山法務事務所の遠山です。

2017年より、丁種封印がわたくしの事務所に委託され「限られた行政書士だけが与えられる資格」

運用させて頂いておりますが、当事務所は静岡県浜松市にございますが、東は東京都、西は関西圏まで、多数のご依頼頂いております。誠にありがとうございます。

出張封印の最大のメリットは陸送で、管轄内の陸運支局に車を持ち込む必要がないことです。

誠に恐縮ではございますが、交通費(日当)などは実費いただいておりますが、それでも、各中古車ディーラー様のご担当者さまの貴重なお時間、また、陸送をしないことにより、お客様に納車することのリスク回避にもなります。

お問い合わせを頂けましたら、詳しい内容をお伝えさせて頂きます。

ご相談は何回でも何時間でも無料とさせていただいておりますので、是非ともお気軽にお問い合わせください。

在留資格期間更新 静岡県 社長様

2018/05/15

お世話になります。

行政書士遠山法務事務所の遠山です。

在留資格の更新は概ね3か月前からできると法務省のホームページに記載されております。

一日でも早く更新をすることをお勧めしますが、社長様など、日々の業務にお忙しいところ、お一人お一人の更新期限を覚えていることは、大変なご苦労だと思われます。

在留期間も1年、3年、5年とあり、又、在留資格によって作成する書類、各役所や従業員の本国からの書類「エアメール」ではこの時間も逆算して、更新の手続きを行っていかなければならない。

外国から日本で就労している方たちは、命の次に「在留カード」

が大切といっても過言ではありません。

一日でも期間が過ぎてしまえば、オーバーステイになってしまい、不法就労者となってしまい、雇用主に更新期限についての過失があった場合、刑事罰を受ける可能性もございます。

ギリギリでも更新手続きを行えば手続き中は最長2か月間の特例期間があたえられます。

在留カードの裏面に更新手続き中のスタンプが押されますので、安心して就労して頂くことができます。

行政書士遠山法務事務所では年間、多国籍の方々の在留資格関係の業務を行っております。

社長様、お問い合わせいただけましたら、日々の業務のご負担が少しでも減少するお手伝いをさせて頂きます。

ご相談は何回でも何時間でも無料とさせて頂いております。

宜しくお願い致します。

補助金3 静岡県 

2018/05/15

お世話になります。

行政書士遠山法務事務所の遠山です。

補助金申請の費用ですが、補助金申請の難易度で決まってきます。

ですので、補助金額が少なくても、作成する書類の難易度、枚数により、どのお客様でも、一律に費用をだすことは難しいです。

申請しても必ず採用され、補助金が支給されるという、もちろん精いっぱい、お手伝いをさせて頂きますが、100%ではないことはご理解ください。

補助金の種類にもよりますが、採用率は30%前後ほどとお考えいただけましたら幸い出ございます。

ご相談だけでしたら、無料なのですが、ご依頼されますと着手金を頂く、事務所様が多いと思われます。

お客様に代わって、行政書士が申請書を作成しますと、お客様の時間等のご負担は、かなり軽減されることと思われます。

費用対効果をお考えの上、ご相談頂けましたら幸いです。

軽自動車 白ナンバー 好評

2018/05/13

お世話になります。

2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピックの記念として、各2種類「寄付金」計4種類のナンバープレートが期間限定で交付を受けることができます。

軽自動車も対象であり、軽自動車でありながら白いナンバープレートが取り付けできます。もちろん今のナンバープレートと同じ番号で引き継ぐことが可能です。

静岡県においても、日々、白いナンバープレートを付けた軽自動車を見掛ける機会が増えております。

好みの関係もございますが、やはりナンバープレートは白い方が好感が持てます。「わたくし個人的な印象」

静岡県 また他府県からのご依頼も数多く頂いております。

期間限定になります、この機会にナンバープレートを白にしてみませんか。

ご相談は何回でも何時間でも無料とさせて頂いております。

お気軽にお問い合わせください。

記帳代行 お手伝いをさせて頂きます。

2018/05/13

お世話になります。

行政書士遠山法務事務所の遠山です。

何故、行政書士が記帳代行のお話しをするかと言いますと、

「記帳代行」は、私たち、行政書士の専門分野でもあるからです。

もちろん、税理士の先生の分野でもございますが、行政書士の分野でもございます。

「毎月の領収書の整理が大変」「管理しきれない」と私の事務所にもご依頼を頂いております。

行政書士遠山法務事務所では、リーズナブルな費用にて、記帳代行をさせて頂いております。

記帳代行のプロに是非ともお任せください。

ご相談は何回でも何時間でも無料とさせております。

お気軽にお問い合わせください。

行政書士遠山法務事務所

特定行政書士 遠山智弘

TEL 053-522-9601 FAX 053-522-9602

mail  t-lawoffice@circus.ocn.ne.jp

お問い合わせはこちら

行政書士 遠山法務事務所
行政書士 遠山 智弘
所在地 〒431-0214 静岡県浜松市西区舞阪町弁天島2658番地の134
TEL:053-522-9601 FAX:053-522-9602
MAIL:info@shakoshomei-shizuoka.com
営業時間 E-MAIL相談は24時間 TELは9:00~21時まで
土日祝日相談可

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab